トップページへ 慶應義塾大学医学部 眼科学教室
サイトマップEnglish
アイバンクのご紹介
慶應義塾大学病院眼球銀行
眼球銀行はグローバルスタンダードを視野に、常に頼れるアイバンクをめざします。

慶應義塾大学病院眼球銀行では日本組織移植学会および日本アイバンク協会認定コーディネーターが24時間体制で献眼情報に対応しています。ドナーからレシピエント へ慶大眼科と協力して、常に迅速に信頼できる角膜提供の橋渡しを実現しています。
登録から移植手術までの待機期間については、登録の際にお問合せください。

四つの権利

慶應義塾大学病院眼球銀行では、献眼したい権利・献眼したくない権利・角膜移植したい権利・角膜移植したくない権利、これら4つの権利を尊重しています。

四つの権利

平成22年7月の臓器移植法の改正で、本人の生前の書面による意思表示がなくても、家族の同意があれば、臓器提供が出来るようになりました。
しかし、本人の意思がわからない時には、ご家族が深い悲しみの中で、提供するかしないかを決断しなければなりません。近頃は、保険証や運転免許証の裏にも臓器提供に関する意思表示の欄が設けられています。提供したい又はしたくない意思を明記しておけば、ご家族の無用の混乱を避け、提供したい人がスムーズに提供できるようになります。この機会にご家族やお友達と臓器移植について話し合ってみたらいかがでしょうか?

お知らせ

  • 慶大眼球銀行は、組織の慶應病院への編入に伴い、正式名称を慶應義塾大学病院眼球銀行に変更致しました。慶大眼球銀行の名称は今後とも略称として使って参ります。なお眼球銀行へのご寄付は、特定公益増進法人への寄付として、税制上の優遇措置を受けることができます。

お問い合わせは慶應義塾大学病院眼球銀行(慶大眼球銀行)まで

電話:03-3353-1211(病院代表)
e-mail: keioeyebank@info.keio.ac.jp

献眼情報のご連絡は(24時間受付)

電話:03-3353-1211(病院代表) 03-3353-1208(夜間22:00-08:00/休日)