トップページへ 慶應義塾大学医学部 眼科学教室
サイトマップEnglish
眼科学教室よりご挨拶
坪田一男 教授:坪田 一男


真に患者様のための、患者様にやさしい眼科医療をめざして
 
眼は脳の出先機関といわれているほど、緻密な設計の生体部位です。外界を映す目の表面から、ピント調節のシステム、映像を脳へと伝える網膜の構造など、小さいながらも複雑で精巧な、見事なシステムを持っています。
当眼科では、これらすべての器官の専門科を備え、総合的な眼科医療を提供し、高度な医療を実現する大学病院の責務を果たしています。
また、再生医療を導入した最先端の角膜移植から、アンチエイジング医学の考えに基づいた予防的な医療まで、世界に誇れる眼科医療を提供しています。
外来では、混雑から、患者様にお待ちいただく時間などまだまだ改善すべき点もありますが、サービス向上委員会を設置するなど、一歩一歩改善に努めております。
社会から失明患者数をできる限り少なくすること、そして同時に、ドライアイや屈折矯正手術のような、生活の質の向上を目的とする医療まで「患者様の希望や生活に沿った医療」を第一の目標として、高い技術を提供できるよう、日々の診療と研究に取り組んでいます。
患者様からも、当科へのご希望やご感想、改善点など、広く声をお寄せいただければ幸いです。
 
専修医募集について
 
[このページのトップに戻る]