トップページへ 慶應義塾大学医学部 眼科学教室
サイトマップEnglish
各種お知らせ
平成28年度 慶應義塾大学医学部 眼科学教室 後期臨床研修・大学院入学 説明会のご案内
慶大眼科では、先進的な眼科医療に貢献できる眼科医師、世界で第一線の視覚研究を担う研究者を育成すべく、後期臨床研修プログラムならびに大学院修士・博士課程における教育・研究プログラムを展開しています。詳しくはこちらをご覧ください。
ポスドクおよび研究補助員の募集のご案内
詳細は“こちら”をご覧ください。
入局説明会案内
日程などの詳細がご覧いただけます。
Predictive factors for non-response to intravitreal ranibizumab treatment in age-related macular degeneration.
Suzuki M, Nagai N, Izumi-Nagai K, Shinoda H, Koto T, Uchida A, Mochimaru H, Yuki K, Sasaki M, Tsubota K, Ozawa Y.
Br J Ophthalmol. 2014 Apr 7. doi: 10.1136/bjophthalmol-2013-304670.
鈴木美砂、小沢洋子らによる加齢黄斑変性における抗VEGF療法の反応性に関する研究がBr J Ophthalmol.に掲載されました。詳しくはこちらをご覧ください。
Association of Maternal Age to Development and Progression of Retinopathy of Prematurity in Infants of Gestational Age under 33 Weeks.
Uchida A, Miwa M, Shinoda H, Koto T, Nagai N, Mochimaru H, Tomita Y, Sasaki M, Ikeda K, Tsubota K, Ozawa Y.
J Ophthalmol. 2014;2014:187929. doi: 10.1155/2014/187929. Epub 2014 Apr 30.
内田敦郎、小沢洋子らによる未熟児網膜症の重症度を決める因子に関する研究がJ Ophthalmol.に掲載されました。詳しくはこちらをご覧ください。
The use of induced pluripotent stem cells to reveal pathogenic gene mutations and explore treatments for retinitis pigmentosa.
Yoshida T, Ozawa Y, Suzuki K, Yuki K, Ohyama M, Akamatsu W, Matsuzaki Y, Shimmura S, Mitani K, Tsubota K, Okano H.
Mol Brain. 2014 Jun 16;7:45. doi: 10.1186/1756-6606-7-45.
吉田哲、小沢洋子らによるiPS細胞を用いた網膜色素変性症の病態解明に関する研究がMol Brain.に掲載されました。詳しくはこちらをご覧ください。
Early signs of exudative age-related macular degeneration in asians.
Sasaki M, Kawasaki R, Uchida A, Koto T, Shinoda H, Tsubota K, Wong TY, Ozawa Y.
Optom Vis Sci. 2014 Aug;91(8):849-53. doi: 10.1097/OPX.0000000000000317.
佐々木真理子、小沢洋子らによる加齢黄斑変性の初期変化に関する研究がOptom Vis Sci.に掲載されました。詳しくはこちらをご覧ください。
AMPK-NF-κB Axis in the Photoreceptor Disorder during Retinal Inflammation.
Kamoshita M, Ozawa Y, Kubota S, Miyake S, Tsuda C, Nagai N, Yuki K, Shimmura S, Umezawa K, Tsubota K.
PLoS One. 2014 Jul 21;9(7):e103013. doi: 10.1371/journal.pone.0103013. eCollection 2014.
鴨下衛、小沢洋子らによる炎症網膜における視細胞障害に関する研究がPLoS Oneに掲載されました。詳しくはこちらをご覧ください。
Resveratrol Prevents the Development of Choroidal Neovascularization by Modulating AMP-activated Protein Kinase in Macrophages and Other Cell Types.
Nagai N, Kubota S, Tsubota K, Ozawa Y.
Journal of Nutritional Biochemistry. in press
永井紀博、小沢洋子らによるレスベラトロールによる脈絡膜新生血管の形成抑制に関する研究がJournal of Nutritional Biochemistry.に掲載されました。詳しくはこちらをご覧ください。
第34回日本女医会学術助成賞
小川葉子が、第34回日本女医会学術助成賞を受賞しました。第29回に続き2度目の同賞受賞となりました。詳しくはこちらをご覧ください。
[このページのトップに戻る]