トップページへ 慶應義塾大学医学部 眼科学教室
サイトマップEnglish
角膜外来のご紹介
火曜 午後 
Tuesday PM 
責任医師:
榛村重人
担当医師:
内野裕一、羽藤晋、稲垣絵海、秦未稀、三田村浩人
扱う疾患:
円錐角膜、水疱性角膜症、角膜変性症、角膜白斑など

角膜外来角膜外来では、個々の患者さんにもっとも適した手術法を相談しながら決めています。角膜移植の件数は年間100件を越えておりますが、今後はさらに多くの症例に対応できるように整備をしていく予定です。特に最近力を入れているのは、角膜の障害された部位のみを取り替える、パーツ移植の開発です。多くの場合は、角膜の一部が障害されることで視力が低下しているため、最近は角膜上皮移植、深層表層角膜移植、角膜内皮移植などの移植が行われるようになりました。さらには、角膜移植後の視機能にもこだわりを持ちながら、新しい工夫を取り入れていく予定です。


※全ての方が移植できるとは限りませんので、まずは的確な診断が必要となります。

※移植医療までの手順を紹介する動画を用意しましたので、まずはご覧ください。

 
 

※移植によって治療が可能かどうかは、まずかかりつけ医にご相談をしてください。

※その際には、下記ページを印刷して持参していただければ、より的確な情報が得られます。

主治医の先生方へ
 
 
Cornea Clinic
Chief:
Shigeto Shimmura
Members:
Yuichi Uchino, Shin Hato, Emi Inagaki, Miki Hata, Hiroto Mitamura
Specialty:
Keratoconus, bullous keratopathy, corneal dystrophy.

The cornea group at Keio University is devoted to the treatment of various corneal diseases by minimally invasive procedures. The number of keratoplasty cases exceeds 100 a year, and we plan to accommodate more patients requiring surgery. We have adapted several new techniques to transplant and replace only those corneal components that are actually damaged. Penetrating keratoplasty has long been the standard for corneal transplantation. However, transplanting excessive tissue may not only be unnecessary, but also increase the risk of immunological rejection. Extensive surgery also affects post-surgical vision. Many of our recent cases are treated by deep lamellar keratoplasty or endothelial keratoplasty depending upon the affected corneal layer. We choose the ideal choice of surgery by discussing the various options with each patient. We will continue to improve current techniques to achieve higher quality of vision.

[このページのトップに戻る]