トップページへ 慶應義塾大学医学部 眼科学教室
サイトマップEnglish
マイボーム腺機能不全外来のご紹介
木曜 午後
Thursday PM
責任医師:
有田玲子、川島素子
担当医師:
井上佐智子
扱う疾患:
マイボーム腺機能不全、マイボーム腺関連疾患、各種ドライアイ
診察日:
木曜日午後

マイボーム腺とは何でしょう?ちょっと聞きなれないかたも多いと思います。マイボーム腺とは、涙液の油層を分泌している眼瞼に存在する皮脂腺のことです。ドライアイはQuality of Lifeを低下させる重要な疾患ですが、MGDが原因でドライアイになっている患者さまはドライアイ全体の約86%にも及ぶという報告があります。当MGD外来では、自覚症状を詳細にお聞きし、マイボーム腺の形態(非侵襲的マイボグラフィー)や機能、各種涙液関連検査を行い、統合的に診断します。最適な治療法を提案し、客観的に治療効果を評価します。生活スタイルや食生活に関する指導、さらに新しい治療法も積極的に取り入れています。

マイボーム腺機能不全
 
Meibomian gland dysfunction (MGD) Clinic
Chief:
Reiko Arita, Motoko Kawashima
Members:
Sachiko Inoue
Specialty:
Meibomian gland dysfunction, meibomian gland related disease, Dry eye diseases

What are Meibomian glands? The meibomian glands are located in the eye lids and secrete lipids into the tear film to prevent excessive tear evaporation. Dry eye is a crucial disease affecting quality of life. Meanwhile, recent epidemiological survey showed MGD is a major cause of dry eye. In the MGD clinic, we thoroughly examine both subjective symptoms and objective findings for accurate diagnosis. Meibomian gland morphology and function are evaluated by slit-lamp observation of ocular surface, non-invasive meibography, meibomian gland lipids analysis, and tear film-related tests.
We treat patients not only with eye drops but also with minimum invasive surgical technique depending on their condition. We also provide appropriate guidance for a healthy life style and good eating habits to alleviate the symptoms.

[このページのトップに戻る]