トップページへ 慶應義塾大学医学部 眼科学教室
サイトマップEnglish
網膜硝子体外来のご紹介
月曜 午後 
Monday PM 
責任医師:
篠田肇
担当医師:
小沢洋子、永井紀博、栗原俊英、鴨下衛、園部秀樹
扱う疾患:
網膜剥離、眼底出血、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症など

網膜硝子体外来入院治療では、緊急性の高い網膜剥離や糖尿病網膜症など、重症な網膜硝子体疾患に対して年間600件前後の手術を行っています。患者様にはより手術のストレスを少しでも減らすため27ゲージや25ゲージの手術システムによる小切開手術を積極的に取り入れ、また早期の回復を期待する薬剤併用療法を行っています。このため入院期間が短縮され、より多くの患者様に対応できるようになりました。網膜の病気は重症で治りにくいことが多いのですが、患者様のクオリティーオブビジョンの向上を念頭に置き、日々努力しております。

 
Vitreoretina Clinic
Chief:
Hajime Shinoda
Members:
Yoko Ozawa, Norihiro Nagai, Toshihide Kurihara, Mamoru Kamoshita, Hideki Sonobe
Specialty:
Retinal detachment, vitreous hemorrhage, diabetic retinopathy,
retinal vein occlusion and other retinal diseases

Each year we perform approximately 600 cases of in-patient surgical procedures including emergency retinal detachment surgery, diabetic retinopathy and severe vitreoretinal disorders. To minimize surgical and psychological stress for the patients, we implemented 27-gauge or 25-gauge small incision vitreous surgery and drug-assisted treatments to achieve early recovery. Thus, hospitalization periods have been shortened enabling the treatment of more patients at our department. Full visual rehabilitation of retinal diseases is often hard to achieve. Our goal is to conquer these difficulties and improve the quality of vision of our patients.

[このページのトップに戻る]