トップページへ 慶應義塾大学医学部 眼科学教室
サイトマップEnglish
ドライアイコンタクト外来のご紹介
第1/第3 金曜日 午後 
1st, 3rd Friday PM 
責任医師:
小川旬子
扱う疾患:
シェーグレン症候群をはじめとするドライアイ関連疾患、アレルギー性結膜炎、角膜移植後や円錐角膜など高度角膜乱視、高度近視、老視など

ドライアイコンタクト外来当科では再生医療と抗加齢医学(アンチエイジング医学)の新しい医療を取り入れていますが、2005年4月より『ドライアイコンタクト外来』を開設しております。オキュラーサーフェス(眼表面)疾患へのコンタクトレンズ治療を火曜日午後に行われている角膜外来、ドライアイ外来、アレルギー外来と連携して行っております。また、小川は日本抗加齢医学会に所属し、アンチエイジング医学の考え方を基本とした老視へのコンタクトレンズ処方を実施し、患者様に満足していただける外来を目指しております。

 
Dry Eye-related Contact Lens Clinic
Chief:
Junko Ogawa
Specialty:
Dry eye diseases including Sjo¨ gren's syndrome, allergic conjunctivitis, severe corneal astigmatism (post-keratoplaasty, keratoconus), high myopia, presbyopia.

We started the Dry Eye-related Contact Lens Clinic in April 2005. At present, the cornea, dry eye and allergy clinics all operate on Tuesday afternoons. The members closely cooperate to function as a multidisciplinary ocular surface clinic. We receive specialty views and reflect these on prescription of contact lenses. Dr Junko Ogawa, a member of the Japanese Society of Anti-aging Medicine evaluates patients with anti-aging medicine perspectives and prescribes presbyopic contact lenses. 

[このページのトップに戻る]