トップページへ 慶應義塾大学医学部 眼科学教室
サイトマップEnglish
円錐角膜外来 のご紹介
土曜 午前 
Thursday PM 
責任医師:
根岸一乃
担当医師:
加藤直子
扱う疾患:
円錐角膜

円錐角膜は、角膜が円錐形に突出する先天性の病気です。思春期から青年期に発症することが多く、最初は普通の近視・乱視のような症状を示しますが、重症になると眼鏡やコンタクトレンズでは視力の矯正ができなくなります。
重症の円錐角膜に対する治療は、従来角膜移植しかないとされていましたが、近年になり、さまざまな新しい治療が開発されてきています。円錐角膜外来では、一人一人の患者さまの病状や年齢を考慮して、もっとも適した治療を提案します。


円錐角膜外来宛の紹介状をお持ちでない方は、まず一般の初診でおこし下さい
 
Keratoconus Clinic
Chief:
Kazuno Negishi
Members:
Naoko Kato
Specialty:
Keratoconus

Keratoconus is a congenital disorder characterized by central progressive protrusion of the cornea. Keratoconus usually presents with progression of myopia and astigmatism on the second to third decades of life. Patients with mild keratoconus can perform normal daily activities with glasses or contact lenses. However, severe cases cannot be handled by spectacle or contact lens wear. In such cases, keratoplasty has been a recommendable last measure to solve the long-term visual problems. Recently, several new surgical modalities for keratoconus have been developed. We will assess each individual patients age and disease condition, and tailor the best possible approach for improvement of vision and quality of life.

[このページのトップに戻る]