トップページへ 慶應義塾大学医学部 眼科学教室
サイトマップEnglish
メディカルレチナ外来のご紹介
金曜 午後 
Friday PM 
責任医師:
小沢洋子
担当医師:
篠田肇、鈴木美砂、永井紀博、栗原俊英, 南早紀子
扱う疾患:
加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症など

光線力学療法や血管新生抑制薬などの治療を提供しております。

メディカルレチナ外来
 
Medical Retina Clinic
Chief:
Yoko Ozawa
Members:
Hajime Shinoda, Misa Suzuki, Norihiro Nagai, Toshihide Kurihara, Sakiko Minami
Specialty:
age-related macular degeneration, diabetic retinopathy, retinal vascular occlusive diseases
加齢黄斑変性は、欧米諸国では成人の失明原因の第1位を占めており、我が国でも高齢者の主要な視力障害の原因となってきています。今まではあまり有効な治療法はありませんでしたが、近年新しい治療法がおこなわれるようになり、早期発見・早期治療によって視力低下を最小限に抑えられる可能性が期待できるようになってきました。
メディカルレチナ外来では、この加齢黄斑変性を対象疾患としてその診断および治療をおこなっております。その名のとおり、手術による治療ではなく、光線力学的療法や抗血管新生療法といったレーザーあるいは薬剤による治療法を提供しております。
 
[このページのトップに戻る]