トップページへ 慶應義塾大学医学部 眼科学教室
サイトマップEnglish
セカンドオピニオン外来のご紹介
月曜 午前 
Monday AM 
責任医師:
小沢洋子
担当医師:
専門外来担当医師
扱う疾患:
角膜疾患、屈折異常、白内障、緑内障、網膜疾患など

慶應義塾大学病院以外の医療機関に入院または通院されている患者様を対象に、診断内容や治療法等に関して助言をおこなうことを目的とする外来です。慶應義塾大学病院の全科で2005年よりオープンしております。検査や治療はおこないませんが、当院の専門医が患者様の主治医からの情報等をもとにお話をさせて頂きます。なお、セカンドオピニオン外来は完全予約制で自費(保険外)です。ご希望の方は、主治医からの情報提供書をご用意の上で、下記までご連絡下さい。

TEL:03-3353-1139(慶應義塾大学病院セカンドオピニオン外来事務局

 
Second Opinion Clinic
Chief:
Yoko Ozawa
Members:
Specialists in the related disciplines.
Specialty:
corneal diseases, refractive errors, cataract, glaucoma, retinal diseases, etc.

In 2005, Keio University Hospital established Second Opinion Clinics in each clinical department for patients who request second opinions concerning their diagnosis and/or treatment at other hospitals. The objective of the clinic is to provide consultation services based on the clinical information from the physician in charge of the patient and not to perform treatment. Health insurance does not cover the fee in the clinic. To make a reservation, please call 03-3353-1139 at the administrative office for Second Opinion Clinics in Keio University Hospital.

[このページのトップに戻る]